コピー機をリースするならどう選ぶ?

オフィスで使う機器類はたくさんありますが、縁の下の力持ちと言ってもいい存在がコピー機です。

毎日業務があると、何かしらの用事で動いています。利用する方法も幾つかありますが、オフィスでは一般的にリースで利用されていることが多いです。これから導入を検討している場合、どんな風にコピー機のリースをすればいいのか、扱う会社も多いので選び方に迷うことも少なくありません。見積もりを出してもらうと料金が出るのでそれだけを判断材料にする方もいますが、契約している期間中に快適に無駄なく使うことができるようにきちんと内容を考えて理解することも大切です。

リースでコピー機を使うときに重要なのは、一ヶ月に印刷している枚数を知ることとその枚数に合わせた適切な本体を使うことです。既に利用をしているのであれば、これまでの利用数を平均して算出すればいいのですが、始めて導入する場合には一般的には500枚という数値を当てはめて計算をします。

他にも利用の際には本体代金以外にも保守料金がかかってきますので、保守についても内容をチェックしておきましょう。自社対応での保守の場合もあれば、提携や下請け業者に保守を任せる業者もあるため、出来る限り契約をした自社で保守もしてくれる会社を選ぶようにして下さい。なれないこともあって判断に迷う部分もあるかもしれませんが、無駄なくコピー機のリースをするためにきちんと大切な部分を外さずに考えて使いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *