コピー機のリースのメリットやデメリットの内容を理解

数あるオフィス機器の中でもひっそりとした存在でありながらも多くの人たちを支えているのがコピー機という存在です。

一般的にリースで利用されていることが多いですが、そのメリットやデメリットの内容を理解しているかというとそうでもなかったりします。担当でもない限りあまり考えることもないかもしれませんが、覚えておいて損はないので良し悪しの点についても目を向けていきましょう。まずコピー機をリースする中で最大のメリットとしては、多額になりがちな購入資金が必要なくて月々の支払いで済むことです。

経費処理も出来る点もオフィスで使う際には非常に大きなメリットとなってきます。デメリットに関しては、中途解約が出来ないことを知っておきましょう。なぜかと言うと、利用するときに決められた年数で契約をするからです。もしも中途解約をしようとするのであれば、コピー機のリース料金の残りを一括で支払う必要が出てきます。

また、本体の所有権もありませんので、契約期間が終わった後の本体は契約していた会社に返却することとなります。いろんな使い方がありますので、コピー機をどのようにして導入していくのかはそれぞれのオフィスの考え方などによっても異なってきます。メリットやデメリットを理解すると、リースにした方がいいのかどうかを考えたり、契約内容を見ていて不明点が出たときに質問なども随時行えます。きちんと理解すれば、適切に使っていくことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *