コピー機のリースが終わった後は?

オフィス仕事をするのに欠かせない存在と言っても過言ではないコピー機ですが、リースは何年かの年数で契約をして使うようになっています。

基本的には決められた年数を粛々と使って、契約満了になればコピー機をリースしていた会社に返却する決まりごとです。満了までに新しい機器を使えるようになっているのであればいいのですが、そうでなければ返却してしまうので使える本体が社内にない状態になります。もう一つの選択肢として用意されているのは「再度リースをする」ということです。

使うコピー機自体は同じものを使っての契約となりますが、料金は満期前の契約の金額から約1/10前後程度とかなり安くでの利用が出来るのが特徴です。そうなってくると気になるのが再リースするメリットやデメリットです。何度でも再使用することができますし、料金もかなり安くなるなど、これまでの利用とはまた違ったよさがあります。

デメリットに関しては悩ましい部分もありますが、まずコピー機本体自体は新しくならない点には注意しておきましょう。あくまで満期前の本体を継続して使うことになるので、満期が近づいてきたらどうするべきなのか良く考えておくと良いでしょう。長年使っていると本体も劣化してくる部分がありますが、もしも修理部品などがなくなったときには修理が出来なくなるということもあります。ベストな使い方はオフィスの方針でも変わるので、良く考えた上で満期後のことを考えるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *