コピー機のリースやレンタルを比較する

コピー機の導入方法も幾つかありますが、最近はリースだけではなくてレンタルを利用する会社も増えてきています。

機器自体は事務仕事をするためには必須と言っても過言ではないため、どんな契約をすれば自社にとってプラスになるのかを考える必要があります。どんな契約の方式をとる場合でも、それぞれにメリットもあればデメリットもあるので、自社の仕事スタイルに合わせた使い方を目指しましょう。コピー機のリースだと、月額利用料金も安く初期費用はかかりません。本体も新品を使うことができますし、保守料金も安いです。

所有権はリース会社にあります。そしてレンタルをする場合のメリットというのは、コピー機の利用期間はなんと1日からでも可能であることと、導入までのスピードも速くて審査もありません。中途解約も出来るので、業務が早く終わって不要になった場合にはすぐに連絡を入れて解約の手続きを進めていくこともできます。本体の所有権自体はレンタル会社にある点を気をつけて利用をしましょう。

印象としては、長く使っていくのであればレンタルの方が長期的に見て安くなっていくのですが、短期でスピーディーに使うのであればレンタルをしてさっと返却してしまう方が安くなるということになります。細かな部分でリースまたはレンタルの規約に応じて従う部分が出てきますので、それらをチェックしてメリットやデメリットを比較し、使い勝手が良い方で導入していくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *