コピー機のリース料金の見積もりを取ろう

これからコピー機をリースで導入しようかなと検討しているのであれば、まずは見積もりも必ず取るようにしておきましょう。

吟味していく内容はいろいろありますが、まずは複数の会社で見積もりを取ってみて、どんな内訳になっているのか見ておくと参考になるのでおすすめです。時々見積もりを出しただけでコピー機のリースに関しての準備はそれで終わりだと安心してしまうこともあるのですが、もちろんそれで終わりではないので再度見積もりをみていきましょう。合計の料金自体も重要な部分ですが、契約期間は何年になっているのか、保守はどのようにしていくのか、オプションの利用の有無などを見て下さい。

契約期間は基本は5年ですが、実際には6~7年という期間でも可能です。見積もりや契約内容の記載は鵜呑みにせず、きちんと毎回確認するようにしましょう。保守に関しても契約の種類があり、カウンター契約やキット契約、スポット契約が主になります。

一般的に利用されているのはカウンター契約で、利用枚数に応じた保守料金を支払うことで点検や修理、消耗品交換などのサービスを受けられるようになっています。これからコピー機のリース導入を検討している場合、特に保守がイメージが湧きにくい部分となりますので、分からないと思ったらきちんと確認するのが鉄則です。オプション内容も細かい部分になってきますから、見積もり料金でどこまでの内容が使えるのかを調べて納得してから契約に進みましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *