コピー機のリースの相場はどれくない?

コピー機の導入は事務所には欠かせないものです。

しかし、高額なマシンを導入するとなるとコストの問題が非常に深刻になります。そこで、リース契約を締結して初期費用を極力抑えている企業がたくさんあります。中小企業だけが利用しているように思われますが、東証一部上場企業などの大企業でも積極的に導入されています。コピー機の導入には相場があり、機種のランクや使用頻度によって上下するのが基本となります。スタッフが多いほど、特殊な機能を追究するほどリース料金は高くなると考えましょう。

コピー機のリース料金の目安についてまとめますと、利用者が数名の場合でコピーやスキャンなど最低限の機能だけを搭載したマシンを利用する場合は、月額5、000円以内の金額に抑えることが十分にできます。別途でカウンター料金が請求されますが、月間で利用枚数が500枚以内であればこの料金は実現可能です。一方、利用者が10名程度になり、A3サイズの印刷やカラー印刷、自動原稿送り装置など、ある程度の機能も必要となれば、月額10、000円はかかると見た方が良いでしょう。

さらに事務所スタッフが多くなり、高速印刷や高画質印刷まで求める場合は、月額数万円は必要となります。これは、リースするコピー機の台数が1台の場合の料金です。このように、コピー機の導入は月額数千円~数万円の間と幅が広く、機種のレベルによって月額料金が大きく異なるのが事実です。高機能なマシンほど高額で販売されているのは当然のことですので、頷けるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *