コピー機のリース料が安すぎるのは怪しいのかについて

日本全国各地にコピー機のリースサービスを提供している会社があります。

自由競争なので、価格は各々の会社が独自に設定しているのが現状です。一応相場と言われるものがあり、5、000円~30、000円となっています。ちなみに、リース用に使われているコピー機の新品で購入する場合の値段は100~300万程度です。費用の安い高いは、商品の品質も影響しています。ここでいったコピー機のリース料の相場より「本当か」と疑うような安い価格でサービスを提供している会社が。

そういった会社をみると、なんでこんなに安いのかと思うのは至極当然だと思います。ただこれは、サービスを提供している会社がさまざまな経営努力をしているから実現できている場合があるでしょう。たとえばですが、新規開拓営業マンを不要としたり最低限の人数で営業したり、などがあります。営業スタッフを用意雇用するとなると、一人あたり年間数百万円のお金がかかり、それはサービス価格に反映されてしまう。

またメーカーから直接に仕入れたり大量に購入したりして、仕入れ値を低く抑えている会社もあります。サービス提供価格が安くなればなる程お客の数は多くなり、そうなると利益がさらに上がるのでリース料金がなお一層安くなると言う好循環が生まれている会社も。以上のことから、コピーのリース料が相場より安くても、その価格設定に合理的な説明ができる場合は特に心配する必要はないのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *