必要なコピー機をリースしよう

コピー機レンタルとリースで違うところがいくつかあります。

リースの仕組みはどうなっているのでしょう。顧客が求めるコピー機を会社が購入して貸し出します。所有権は顧客ではなく会社にあります。貸し出し期間は3年~6年と長期間です。レンタルの場合はイベント期間の1週間や1日だけなど短期間になります。そのメリットは購入と違って初期費用を抑えられるところです。新品の最新機種を使えることもそうです。カラーコピーや高速処理、特殊印刷など様々なハイスペックのものがそろっています。無線接続が可能なものもあります。

必要な機能が搭載された機種でもリーズナブルですし、長期間使うことできます。一方、レンタルの場合は中古になります。その手続きについては会社が行ってくれます。減価償却や固定資産税なども会社の受け持ちです。原則として中途解約することができませんが、その代わりに色々なメリットがあります。

リースとレンタル各社に見積もりを依頼して、月額料金や保守料金といったコストのパフォーマンスがいい方を選んでもいいかもしれません。同じモデルならリースの方が安くなるでしょう。ランニングコストも状況によっては安くなるかもしれません。リースとレンタル、トータルでどちらがいいか分からない、行う業務にどんなコピー機が必要か分からないという時は気軽にその会社スタッフに相談してください。そろえている各コピー機の特徴の説明などもしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *