コピー機のリースとレンタルは異なる

リースとレンタルは所有者はメーカー側や販売店にありますので、事業主や個人事業主には存在していません。

このような関係から同義語のように語られることも多いですが、異なることをまず理解しておきましょう。それはコピー機であっても例外ではありません。契約をする時に同義語でないことを実感することになりますが、その前に把握しておくべき情報です。大きく異なるのは契約期間になることが多いです。主に3年を期限として別れると考えてください。以上であればリース契約のほうがお得、それ以下になればレンタルがお得になります。

もちろん依頼する業者によってその期間が異なりますが、料金が圧倒的にリースのほうが安くなることが多いのがコピー機になることから、契約をするうえでこのような関係があることを知っておくと良いでしょう。リースは途中で契約を解消することができないほど、厳密な契約を結んでいます。

その分料金が安くなりますので、比較的従業員が多く、コピー機を購入することができない企業などで導入を検討すると良いです。レンタルは契約破棄を自由に行なうことができますので、その期間に必要なときなど活用することができるでしょう。このようにコピー機のリースとレンタルの違いを知ることによって、選択するべき機種が変わってくることになります。大切なことは求めている機種を導入することになりますので、厳密にこの違いを理解しておくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *