コピー機リース時に締結できるカウンター保守契約とは

コピー機をリースする際には、保守契約とよばれるメンテナンスに関する契約も締結することができます。

カウンター保守契約はその一つで、リースするコピー機の使用頻度が高くなることが見込まれる場合に締結するとメリットが大きい契約です。カウンター保守契約を締結すると、コピー機本体のリース料金とは別にカウンター料金と呼ばれる費用が発生するようになるかわりに、トナー代と修理代が無料になります。カラー印刷可能な複写機であってもトナー代は全ての色で無料となり、修理代については交換部品代やメンテナンススタッフの出張費も含めて無料です。

新品のコピー機をリースで導入するときは、必ずカウンター保守契約も一緒に結ぶことになりますが、中古品を導入する場合は締結するかどうかをユーザーの任意で決めることができます。カウンター保守契約を結ぶときの注意点は、なんといっても料金です。カウンター料金の請求は、契約時に設定される印刷一枚あたりの単価をもとに行われますが、一度決定してしまうと二度と変更することができなくなります。

コピー機のリースを行っている店では、商品紹介ページで必ずこの料金を表示しているので、導入する製品を決めるときは他の項目とともにカウンター料金もチェックしましょう。また、この保守契約は好きなタイミングで解除することができますが、一度解約してしまったら以後再締結をすることはできません。解約するメリットはほとんどないので、やむを得ない理由がある場合を除いてカウンター保守契約は結んだままにしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *