長期利用ならコピー機はリース契約がおすすめ

オフィスのデジタル化が進展しているとはいえ、紙媒体による情報伝達はまだまだ重要で、会社においてはコピー機というのは欠かせない道具の1つです。

事務所などを新たに開設したならば、まっ先に導入しなければいけないアイテムでしょう。導入するには、自前で購入する方法やリース・レンタルなどが選択肢になりますが、どの方法が最適なのかは、どれだけの期間利用するかによって変わってくるでしょう。だいたい5~6年くらいの利用を想定してコピー機を導入するなら、リース契約で調達するのがいいかもしれません。

この契約だと、あくまでも所有権はリース会社の方にあることになり、自分側の会社で資産扱いする必要はなくなります。そうなると面倒な減価償却などの事務処理手続きが不要になり、毎月経費として処理するだけでいいので経理が楽になります。また、地震などの自然災害や盗難などでコピー機が損害を受けた場合でも、補償が受けられることもあり、その点もメリットでしょう。

リース契約で気をつけたいのが、中途解約はできないということです。5年と決めたら、その間は原則解約は不可能です。無理に解約すると、残債の支払い義務が発生してしまうため、結局全ての費用を請求されます。ですから、リースを利用する場合は、事業所が契約満了までずっと続いているという見込みが立っていることが大事でしょう。それから審査があるという点も見逃せません。審査に落ちると契約できないので気をつけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *