コピー機はリース契約で使うのが一般的です

コピー機を事務相に設置する場合、購入する場合とレンタルやリースの3通りの方法が有りますが、購入する場合は少なく、リースで導入する場合が一般的です。

レンタルの場合は、レンタル会社が所有している機種を借りるので、コピー機のように4年~6年程度使い続ける事務機器は、メンテナンスや消耗品、パフォーマンスチャージと言うコピーした枚数により1枚当たりの料金が決まっている場合には、メンテナンスやパフォーマンスチャージの支払いをどのようにするか決めることが必用で短期間の場合は問題有りませんが、長期間利用する事務機器については、価格だけでなくこのようなサービスを考えて契約をすることになります。

リース契約は新規のコピー機とそれに付随するサービスをメーカーから直接リース会社が購入して貸出を行うので、会社に所有権は有りませんが、メンテナンスやサービスはそしてパフォーマンスチャージの契約は、直接コピー会社と行うことも可能ですす。コピー機は事務機の中でも使用頻度が高く毎月使用するトナーカートリッジや3ヵ月~半年に感光体の交換を行うことが必用になり、紙詰まりなどのトラブルも発生することが有るので、故障が無くても一月に一度程度の定期メンテナンスが必要です。

契約をリースにすれば、メンテナンスやトナーなどの契約はコピー会社と行うことが出来るのが大きな特徴でもあり大きな利点です。期間が終了すれば、コピー機を返却するのと同時に新製品に入れ替えることも出来るので数年で新製品に変更することもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *