コピー機リース契約の審査に通るためにコツ

コピー機をリースする際に大きなハードルとなるのが、審査に通過することです。

これに通過しなければ、リース以外の方法に頼らざるを得なくなります。しかし、審査に通過するためのポイントが大きく2つあります。これを把握しておけば、結果は大きく異なるかもしれません。是非とも、チェックしておきましょう。何としてでも審査を通過したいという場合には、有利になるような資料を添えておくと効果的と言われています。例えば、現段階では赤字経営であったとしてもそれを覆すような事業計画がある場合には、そうした資料を加えるとパスできる可能性が生じます。

直近で新たな取引先を確保できた、画期的な商品を市場に提供する計画があるといった、プラスの材料は積極的にアピールしましょう。また、新規設立会社の場合についても事業計画、今後の収益計画などを加えると意味があります。続いては、同時期に複数のコピー機リース会社に審査してもらう点が挙げられます。審査はリース会社が個別に行うのが基本ですから、基準はそれぞれ全く異なります。

仮に一方ではNGだったとしても、一方では認められることはしばしばあります。ただし、同時期に審査してもらうことは意外に大切です。なぜなら、審査が通過しなかった場合は業界に広まってしまう可能性も否定できないからです。つまり、NGの噂が伝わらないように同時期に審査してもらうのが賢明と言えるでしょう。以上のように、コピー機のリース契約の際に不可欠となる審査に通過するためには、会社の将来性をしっかりとアピールすること、そして可能な限り複数の会社に審査を依頼しておくことが重要です。特に、直近の業績が思わしくなく通過するか心配という会社や新規設立会社の場合は、心得ておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *