ランニングコスト削減するならコピー機をリースで

オフィス内での文書をすべてデジタル化した場合でも、ビジネスを進めていく上では紙の文書が必ず必要になってきます。

その際にはコピー機を使っていろいろな書類を発行することになるのですが、これらの機器を導入する際にはかなりの費用がかかります。少しでも初期費用やランニングコストを浮かせるのならばリースという形で利用してみるのが便利です。コピー機のリースではレーザープリンターから複合機までいろいろな種類のリース品を用意しているので、企業で常日頃発行している文書に一番適したコピー機を選ぶことが可能です。

決められた期間のレンタル契約をして、契約期間が終了すればコピー機を返却するだけですから、処分費用などに悩まされることがありません。使用期間中に故障が発生した場合には新しいものとすぐに交換してもらうことも可能なため、常にベストコンディションの機械を使い続けられます。

リースする機械の数は発注者側が自由に決められるので、大規模なオフィスに導入するならその人数分、個人企業や少数の企業のオフィスに導入するなら少ない数をというようにフレキシブルに借りることができます。もちろん最新式の発色の良いカラーコピーができる物からモノクロに特化した機器まで借りる機械の種類も自由にチョイスが可能です。購入した場合には定期的にメンテナンスをして、故障したら修理に出すという手順が必要でしたが、コピー機のリースならそうした面倒な作業もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *