コピー機を導入する側とリース会社のメリット

リースでコピー機などのOA機器を導入する事で、資金が無い場合でも高価なOA機器を導入できると言うメリットが有ります。

良く耳にするものですが、リースと言うのはリース会社に希望のコピー機をお願いすると、製品を製造販売しているメーカーから希望の機種を購入し、それを貸して貰う事が出来ます。導入を行う企業にとっては、リース会社から借用と言う形になりますが、少ない予算で導入できる事からも、高額な機器を導入する時などに便利な存在です。しかしながら、高額な機器を借りる事になるわけですので信頼性が重要視されます。

契約を交わすためには所定の審査を受けて、審査に通らないと利用する事が出来ません。経営状態が芳しくない企業などの場合は倒産する可能性も有り、リース会社は敬遠する事も在ります。倒産してしまった時など、貸し出しているコピー機は債権者に取られてしまう事が在りますし、支払途中の高額商品を取られてしまえば、会社の経営にも影響を及ぼす事からも、審査では企業の経営状態などを加味して行われるのが特徴です。

また、会社を作ったばかりの場合においても、経営が今後どのような状態になっていくのかなど予測が難しくなりますので、比較的新しい会社などの場合は審査に通らない事も在ります。毎月一定の支払いを行う事で高額なコピー機などを導入する事が出来ると言う企業側のメリットと、貸し出しを行う事で月々の利益を得られると言う2つのメリットが有ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *