コピー機をリースで利用するメリットとは何か

会社のオフィスの中ではパソコンを利用して業務を行うケースが多く在りますが、パソコンで作成した文書をコピー機を使って印刷を行い、関係部署に配布すると言う業務が有ります。

コピー機は複写機などと呼ばれているものであり、現在の会社の大半はOA機器として導入をしているケースが多く、業務には欠かせない存在になっています。所で、コピー機には白黒タイプとカラータイプが有ります。仕事でカラーも必要と言う場合にはカラータイプを導入する事が多いわけですが、カラータイプともなると、白黒タイプよりも高額になるため、簡単には会社の中に新製品を導入すると言った事も難しい話です。OA機器などを導入するためには資金が必要であり、銀行などに対して融資の依頼をしなければなりません。

しかし、銀行からの融資は事業資金などで受けていると、簡単にはOA機器を導入するための資金繰りが難しくなります。リース会社に依頼をすることで、メーカーに対して希望の機種を発注し、リース会社がその機種を購入して貸してくれます。これは一般的に知られているレンタルと似ているのですが、レンタルとの大きな違いは、依頼先企業が欲しいと言うコピー機などのOA機器をメーカーから購入をして貸し出すことに在ります。

レンタルの場合は、レンタル会社が所有しているコピー機の中から必要な機種を選んで貸して貰い、一定期間の中で利用をした後は返却を行うと言う利用方法になりますが、リースの場合は、貸して貰う事で毎月必要となる費用を支払い続けて、契約期間が満了となった時には買い上げもしくは廃棄の何れかを選べるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *