コピー機をリースで手に入れる

新しく事務所を開設したりした場合にはコピー機を用意することなどが必要となってきます。

コピー機を手に入れるには幾つかの方法があります。資金的に余裕がある場合には一括で購入することも出来ますし、もし短期間のみの利用を前提とするならばレンタルを利用する方法もあります。しかしこれからずっと使い続けて行きたいけれど購入出来るほどの資金的な余裕が無いといった場合にはリースを利用することをお薦めします。リースとはコピー機を手に入れたい顧客と契約を締結したリース会社がベンダーからまずコピー機を購入します。

そして購入したコピー機を顧客へ納品して、リース料を毎月顧客から受け取ります。メリットとしては購入するよりも初期費用が安く抑えられることと、毎月支払う料金を経費計上するのみで減価償却や固定資産税などの事務負担がかかりません。またレンタルの場合は限られた中古の機種しか借りることが出来ませんが、最新機種を手に入れることが出来ます。逆にデメリットとなる点もいくつかありますので、利用する前には確認しておくことが必要です。

契約期間が満了しても所有権はリース会社にありますので、引き続き使い続ける場合には再度契約を締結するなどの必要性があります。また中途解約が出来ませんので、万一故障したり新しい機種に買い換えたいなどの理由で不用になったとしても契約満了まで料金を支払い続けるか、残債を一括で支払ってって契約を完了させるなどの必要性が出て来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *