コピー機をリースしたほうが良い場合

会社でコピー機が必要になったとき、新規購入するか、レンタルするか、リースするかの選択肢があります。

コピー機のレンタルは短期の、リースは5~6年の期間を定めてコピー機を借りる契約です。購入との最も大きな違いは、初期費用を節約できることでしょう。最低0円から利用できる場合もあり、立ち上げたばかりで資金の不足しがちな会社には向いていると言えます。またレンタルでは最新機種を選べないことが多いのに対して、リースでは最新のコピー機を借りられる点もメリットです。ただし5~6年もすると、最新機種も時代遅れになってしまう可能性はあります。

リース契約ではコピー機の所有権を取得するわけではないので、減価償却は必要ありません。また固定資産税や保険料の負担も発生しません。毎月の費用は経費として処理できるため、コストを容易に把握できます。こうしたことから、面倒な事務計算に工数をかけたくない場合には適しています。なお契約満了後も所有権は移転しないので、売却したりすることは不可能です。

ただし途中で解約できない点は、デメリットとして考慮しなければなりません。新型の機種に入れ換えたいときや、会社の営業をやめるときにも、残った債務が消えることはありません。またリース契約には、金利のほかに手数料や税金などが上乗せされるため、トータルすると購入の場合より支払額が多くなってしまいます。ですから自己資金が十分なら、購入したほうが有利であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *