コピー機のリース契約について

新しい事務所を開設することになり、コピー機を購入する必要があるのですが、リース契約について詳しくわからないと悩んでおられる経営者の方も多いでしょう。

リース契約とは、コピー機の購入方法の一つであり、レンタル契約と同様に毎月定まった料金を支払っていく支払い方法です。一括で購入するのと違い初期費用が0円で導入できることから、まとまった現金が用意できない会社などは導入しやすい購入方法です。また、コピー機本体だけでなく設置費用などについても月額の支払いにまとめてくれることもあります。しかし、リース契約にはデメリットもあります。

契約期間は5年と決められていることから、1度契約してしまうと途中解約をすることができません。そのため、業績が悪くなって使用頻度が減ってきたので途中解約しようとしても、残金を一括で支払わなければならないリスクもあるので注意が必要です。また、所有権がリース会社にあるところも注意しなければならず、勝手に処分や売却などをした場合には違法行為となり訴えられる可能性もあります。

契約満期が近づくと再リースの打診が来るのですが、再契約しない場合には買取りか回収されてしまうかどちらかになります。買取りする場合には格安でコピー機を購入することができるのですが、注意が必要です。そもそも満期まで料金を支払っているので、コピー機の料金はすべて支払い済みなのですが、更に買取り料金を請求してくるのは料金を二重取りされていることになるので、しっかりと交渉することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *